尿検査参加団体募集中

DNA損傷量を測定する尿検査実施のお知らせ

チェルノブイリでも行われていた尿検査を実施します。
放射線が体の細胞を傷つけることによりDNAも傷つき、その影響が尿中に現れます。
体内の酸化がどれだけ起きているかがわかります。それを測定する尿検査です。
検査は簡単で、自宅で自分の尿を採取し、送付する容器に5mlだけ入れて頂くだけです。
それをクリニックへ冷蔵保存状態で送って頂きます。結果は個人へお送りします。
また検査をする際は、問診票に記載して頂きます。

費用は一人8400円です。
                
             香美音クリニック
         大阪府大阪市淀川区西中島7-1-3-509
            電話06-6303-1203
            fax 06-6303-1204
         URL http://kamionclinic.jimdo.com

子どもから大人までどなたでもどこにお住まいの方でも出来ますので、各団体が執りまとめお申し込み下さい
私たちのDNAが放射能によってどれだけ破壊されているのか?それを知る事によりこれからの生活習慣を変えるべきなのか、維持しても構わないのか、様々な事柄の目安や選ぶ手段に活用できる事と思います
検査は各団体から直接医師に申し込み受付を行って下さい。
団体の担当者の方には尿検査の試験管をまとめて医師に発送する事、検査費を申込者全員分まとめて振り込んで頂くようになります。各団体の担当者が責任をもってお願い致します。検査の申し込みに関するお問い合わせはハンド事務局阿部までお願い致します。
申し込締め切り日平成24年2月13日/発送締め切り日2/14です。

検査申し込みの流れ
1、医師への申し込み。団体名、担当者の連絡先、申し込み人数をお伝え下さい。
2、医師から検査人数分の問診票と試験管が届きます。
3、尿を送付する日にちを決め、その日のうちに全員分預かりまとめて送ります。
  尿を預かり医師のもとへ届くまでの間は発砲スチロールにアイスノン又は保冷剤を入れて低温  を保てる状態で保管して下さい。発送の仕方は後ほどお伝えします。
  宅配では「われもの」として取り扱って下さい。
4、検査申込者の人数分の金額を指定の口座にお振込ください。
5、検査結果がでるまで1ヶ月程かかります。
  検査結果が出たものに医師が診断書を1人1人に付け加えて個人宅へ郵送します。
  申し込み人数により数日かかります。遅れる事もありますのでご了承ください。
  
*検査人数の制限はありません*検査に使用する尿は朝一の尿でなくても構いません
*試験管は封筒に入れて受け渡ししますので、外からは見えない

形となります
*郵送料、試験管の往復の送料は医師が負担してくださいます
*今回の尿検査は個人がなるべく最寄りの団体に問い合わせをしてもらい、ボランティア団体と繋がっていない方にも繋がり情報を得る場を知って頂く事と一団体で送付する事により医師の負担も減りますので、主に団体の申し込みとさせて頂きます
*尿検査、血液検査についてはこれかも継続して執り行う予定です。血液検査をしたいという団体も募集しております

 尿検査に関するお問い合わせ urinetest-fukushima@kamionclinic.com

 尿検査参加団体の申し込み先 hand to hand project kawamata 
 事務局:阿部華美(伊達郡川俣町)

   090-2950-2443 a873@i.softbank.jp

*hand to hand project 川俣では申し込み期日を2/7(木)までとします
申込先 上記のhand 阿部までお願い致します

ーーーーーーーーーーーーー
尿検査参加団体:問い合せ先
ーーーーーーーーーーーーー
hand to hand project kawamata(福島県伊達郡川俣町)阿部09029502443

渡利の子どもたちを守る会(福島県福島市渡利)菅野09039826393

「がれき焼却で、なにがおきるのか」講師 山本節子

「平成22年度家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」を公表しました(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z31f.html

身近にあるもので身体に影響があると考えられるものを何点か紹介していただいています。

ちょっと、自分の周りについて考えてみませんか?

放射線ウォッチャー

http://www.radiationwatchers.org/contents/link.html

放射能についての様々な情報を提供していただいているサイトです。

地球上で最も放射能が強い場所トップ10が公開される

震災前の土壌濃度データ

グリーンコープ

様々な商品の残留放射線量が測定され、紹介されています。

http://www.greencoop.or.jp/genpatsu/hoshano.html

全国の空間放射線量測定データ

みんなでつくる放射線量マップ

みんなのカルテ

原発事故後の気になる症状を書き込み、閲覧することができるサイト

全国放射能情報

文部科学省において作成された放射線に関する調査結果が提供されています。

http://www.naver.jp/radiation

「みかんくん」

 会のお母さんからの提案をいただき、たくさんの「みかんくん」を作成。

 小さな喜びにつながるといいなと願いながら、これまでにたくさんの「みかんくん」を各地に送り出すことができました。ありがとうございました。

 発信するからかえってくるものがある。これからも、ぼちぼち発信していきたいです。

twitter 情報

愛媛_マルワカリWEB

宇和島市HPより

エコなココロ