12月18日に中村美紀さんのお話会を行いました。

福島県の方だけの問題ではない。

私たち、日本人一人一人の問題なんだなと認識を新たにすることができました。

12月18日に中村美紀さんのお話会を開催しました。32名の参加をいただきました。

足を運んでいただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

アンケート集計、結果です。お時間のある方は、ご覧ください。

12月8日 中村美紀さんお話会 アンケート集計

 

32名参加中 23名回答

 

年  代

男 性

女 性

関心あり

関心なし

大変よかった

よかった

30

40

50

60代以上

* 男性2名参加のみでした。声のかけ方に問題があったと反省しています。

* 関心あり・なしは、「放射能について関心がありましたか?」という質問に対するお答えです。

* 大変よかった・よかったは、「参加されてどうでしたか?」という質問に対するお答えです。

  回答については、「大変よかった・よかった・ふつう・あまりよくなかった・よくなかった」から選択していただくようにしておりました。「大変よかった・よかった」以外の回答はありませんでした。

 

* 参加されてどうでしたか?という質問に対して記述していただいた方の内容を紹介させていただきます60代以上の方は60代と表記。女性のみの回答ですので、女性とあえて表示しません。)

(大変よかった)

・ 現実と向き合うこととこれからの日本がこのままではだめだ!と不安になった。(30代)

・ 貴重なお話を伺うことができ、今まで知らなった事が多く、驚きでした。他人ごとではなく、子どもの未来を考えていかないといけないと本当に感じました。(30代)

・ 生の声は、重みがありました。(40代)

・ 実際に被災された方の声が聞けて、自分のすべきことがより明確になりました。福島の人が感じていることを外に発信し続けていただくことも大切だと思います。(40代)

・ 福島のお母さんの気持ちがよく分かりました。(40代)

・ 福島の現状を知ることができました。つらい現実を知り、何か応援できたらいいと思います。(40代)

・ 被災された人から直接お話を聞くことがなかったので、中村さんのたくさんの思いを聞くことができて、本当によかったです。私自身が日常生活に追われているところがありましたが、同じ日本に住んでいる一人の母親として何かできることをはじめていきたいです。(40代)

・ 生活状況がありありと伝わり、私が考えているのがあまりに甘いことが・・・。本当に何ができるかを考えたいです。(40代)

・ メディアを通して、情報はありましたが、実際のお話は本当に心に響きました。(40代)

・ 報道では知らされなかった福島の様子がよく分かった。(50代)

・ 具体的に現状やお気持ちを聞くことができ、感動しました。ご一緒に何か行動できればと思います。(60代)

・ 自主避難をされている方の現状、気持ちを知ることができました。メディアからでは、知ることはできません。(60代)

・ 情報誌のみの知識ではなくて、今日、お話をお伺いして、昨日の首相の「収束ステップ2」の宣言はなんだろうと思いました。(60代)

・ 福島の母親としての言葉を直接聞けたこと。(60代)

・ 現実を知ることができた。自分の甘さを知った。(60代)

 

(よかった)

・ 福島の方の気持ち、声が聞けて良かったです。(30代)

・ 当たり前の生活ができなくなるのは、怖い事だと思いました。まだ、関心が足りないと反省です。(40代)

・ 実体験が一番分かりやすいです。(50代)

・ 他人事ではないと思いました。伊方もあやしくなりつつある事。それに対しても今からどうあれば!!と思わされました。(60代)

 

* 何でこのお話会を知りましたか?(複数回答)

  ポスター(0)  ちらし(1)  新聞(0) インターネット(0)  友人から(21)  その他(娘から)

 ★ 今回は、一社のみ新聞で前々日にお知らせを載せていただきました。

   ポスターも数枚のみ。ちらしは、100枚ほどお配りしたでしょうか。

   お友達をお誘いいただいた方、どうもありがとうございました。やはり、信頼できる方からのお誘いが何よりも大きい影響を与えると思います。

 

* 今後、どんな内容の講演(お話)があれば、聞きたいですか?(複数回答)

  放射能について(15) エネルギー問題について(9) 環境問題について(11)

  食育について(8)  教育問題について(6)   福島の現状について(13)

  農業について(8)  漁業について(7)  

その他(子どもの放射能の影響 原発に頼らない暮らしをするためには)

 

* お話会を聞かれての感想、また、ご意見等

・ 私たちがどれだけ、幸せな生活をしているのか、これからの生活、当たり前のことがどれだけありがたいか。できる事を考えていきます!!(30代)

・ まずは、「知る」ことに始まると思いました。漠然と知ったような気になっている事も実際の声を伺って全然知らなかったことにハッとします。共に頑張っていきたいです。(30代)

・ 実際にお話を聞いたのは初めてで、考えるところがいろいろありました。自分に何ができるのか、何か助けになればいいのにと思うけど、何をすればいいか分からないという状況です。それでも、知る、理解する責任があると思い、来させていただきました。今日は、ありがとうございました。(30代)

・ 「がれきを受け入れないでください。」とおっしゃいましたが、そのがれきはどうすればよいかと思っていらしゃるかお伺いしたかったです。中村さん、遠いところをありがとうございました。(40代)

・ 私は、ネットで知り合った人にいわき市、相馬市の方がいます。彼女たちはいつもエネルギッシュにパワフルに活動されているのですが、今回、中村さんが「子どもたちの前では泣けない。夜やトイレで泣くのだ。」と泣きながら言われた時、ふと彼女たちもそうなんだろうな・・・と。正直言って、今回のお話会を聞く前に、お話を聞いてどうなるだろう?って気持ちもありました。昨夜の事、母に今回の話、私の気持ちを話すと「誰かがまず、何か行動を起こさないと・・何も始まらないから。」と母。母と私は、いわき市や相馬市の方にみかんを送ったり、避難所へ「シュシュ」を送ったりしていましたが、今後もまだまだ、何かできる気がしました。中村さん、ありがとうございました。(40代)

・ これからもいろいろと勉強させてほしいです。お話会を聞いて悲しい気持ちでいっぱいです。いつか本当の笑顔が見られるとうれしいのですが・・。私も何かできる事をやらなければ!!と思っています。(40代)

・ 聞いていて涙が止まりませんでした。子どもの鼻血が止まらなくてティッシュ一箱がなくなるなんて・・。

  母親としてパニックになる気持ちが分かります。国が何とか助成してくれる方法が見つかればといいと思います。(40代)

・ 中村さんの心のこもった、静かな、それでいて深い思いに少しでも触れられてよかったです。ありがとうございました。(40代)

・ 大変な生活の中で、多くの人々に生の声をこれからも届けていただいたいと思いました。必ず、想いは伝わると私は信じています。(40代)

・ 原発のことは、心配だとはこの事故が起こる前から思っていましたが、どこか他人事で理由もなく、大丈夫だろうと生活してきました。今回の不幸な事故を不幸なままと受け入れるのではなく、未来を生きる子どもたちを何とか守っていかなければと思います。中村さん、ありがとうございました。(40代)

・ 大変、勉強になりました、。ありがとうございました。(50代)

・ お一人、お一人が困難な中、前向きに行動されていて感心します。くじけそうな時もあると思いますが、全国の人を信じて訴えてください。どう私たちに求められているか、教えてください。原発をなくす運動を進めていきたいです。福島の子どもたちが幸せに成長できますように。(60代)

・ 今日は、本当にありがとうございました。つらい気持ちを話していただいて。原発はなくなさければいけないと強く思いました。でも、これは大変なことです。みんなで一緒に頑張っていきましょう。子どもたちが安全に楽しく暮らせるように。(60代)

・ この夏4か月、東京にいる嫁が放射能汚染の心配から、宇和島での出産を決め、帰省しました。その間、上の子(3歳)のパパと一緒でない生活の不安からくる落ち着かない生活を見ながら、今日のお話が重なりました。東京ぐらいでと思われるかもしれませんが、未来の子どもたちの安心は、みんなが願うことです。頑張ってくださいとは言えませんが、今後のご活動を大切になさってください。言葉が足りませんけど・・。(60代)

・ 本当の福島の姿を聞かせていただき、ありがとうございました。他人事とは思っていません。何らかの形でずっと長く、協力していきます。身の回りの者に伝えます。(60代)

・ 宇和島に来てくださってありがとうございました。福島の子どものことを思うと、何かしなくてはと強く思いました。(60代)

・ 話を聞いて、本当につらくなりました。自分にできる事、少しずつ、見つけていけたらと思いました。福島の方たちのような今の生活をどうすれば変えていけるのでしょう。知ることは大切だと思いました。うまく、言葉にはできませんが・・・。(30代)

・ 中村さん、今日は、お話会に来ていただき、ありがとうございました。旦那さんと離れての大変な二重生活の中、このように生の声をお届けいただき、少しですが皆さんの生活の大変さが分かりました。行政は何もしてくれない、ということもよく分かりました。今、現在、何もできていない自分です。いろいろと考えさせられました。(30代)

・ 何の罪もない一般人が苦しんでいるのに、国や県の冷たさに腹が立ちます。トップを務める責任として、もって声を聴いてほしいです。それから、助けたい思いはみんなの心の中にあるので、何をすれば一番いいのか、できる事をしていきたいです。どんどん、言っていただきたいと思います。

                                          (40代)

・ 瓦礫の問題は、また、改めて考えさせられます。小乗的に考えると利他愛を考えるといろいろ思いますが、今は、大乗的に考えていかないといけない時だと思います。お話を聞かせていただいて、ありがとうございました。(50代)

 

 たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。

今後の会の運営の参考にさせ ていただきます。

様々なご意見があると思いますが、

記入いただいた個人個人の感想として掲載させていただきます。

中村さんご家族の幸せを願って。
中村さんご家族の幸せを願って。

中村さんとお子さん、そして、ご主人。

 

そこにつながるすべての方々の幸せを願いながら、千羽鶴を折りました。

 

みんなのために奔走しているみきちゃん。

 

どうか、まずは自分の体を大切にしてね。

 

お母さんの笑顔が、子どもたちには何よりも必要です。

 

「みかんくん」

 会のお母さんからの提案をいただき、たくさんの「みかんくん」を作成。

 小さな喜びにつながるといいなと願いながら、これまでにたくさんの「みかんくん」を各地に送り出すことができました。ありがとうございました。

 発信するからかえってくるものがある。これからも、ぼちぼち発信していきたいです。

twitter 情報

愛媛_マルワカリWEB

宇和島市HPより

エコなココロ