6月30日に杉本祐子さんのお話会を行いました。

会場に足を運んでいただいた皆様。どうもありがとうございました。

そして、なにより、杉本さん。遠いところをありがとうございました。

初のお話会とは思えませんでした。貴重なお話、本当にありがとうございました。

平成24年7月吉日

関係各位様

うわじま こどもと未来を考える会

 

杉本祐子さんお話会開催のお礼

向夏の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

先日、6月30日に三間町隣保館と泰平寺の2か所で杉本祐子さんのお話会を無事終了することができました。今回も、周囲の方々の温かい応援のおかげでたくさんの方に杉本さんのお話を聴いていただくことができました。様々なつながりの輪がぐっと広がり、これまでたどり着くことができなかった方々にもお話を聴いていただけたことをとてもうれしく思いました。しかし、杉本さんは保養でこちらに来られることを目的とされていたにも関わらず、杉本さんの懐の深さに甘え、2か所でのお話会をしていただき、無理をさせてしまったと反省しているところです。杉本さん自身も、人前で話すという今回のような形式は初めてのこと(初めてとは思えませんでしたが・・)で、こんなに大勢の前で話すとは思ってもみなかったからとても緊張したとお話されていました。でも、今後、もっと多くの方に杉本さんのお話を聴いていただきたいと思いました。

講演会終了後、会場の皆様に書いていただいたアンケートの集計もできました。どうぞ、ご覧ください。また、皆様からいただきました寄付は51,000円でした。ご協力、どうもありがとうございました。必要経費の9,500円を除いた41,500円を杉本さんにお渡しさせていただきました。初めは「福島の子どもたちのために使って。」と言われておられましたが、車の移動、宿泊代等にあててもらうようお願いしてやっと受け取っていただけました。とにかく、やさしい素敵な方でした。             

今現在も放射能の心配をしながら、大変な生活を余儀なくされておられる方たちがたくさんいらっしゃいます。遠いとか近いとかということではなく、日本に住む一人として自分にできることを考えていくとともに、今後、様々な形で新たな差別がうまれ、子どもたちが悲しむことがないように大人としてしっかりと知っていく努力を続けたいと思いました。

今回、会場で友達やご家族が、自衛隊として震災後、福島入りをされたとお話いただいた方がおられます。任務だから仕方がないとはいえ、やりきれないお気持ちを抱えておられただろうし、まだ、現在も放射能を出し続けている福島原発で作業していただいている方やその周辺でお仕事を余儀なくされている方もおられます。一人一人に真実があります。これからもたくさんの真実を共有し合えたらと願っています。

 

今回、新たに広がったご縁とより深めることができましたご縁に感謝して。

皆様の「今」が、すてきなものでありますように。

みなさんからいただいたアンケート結果の集計です。

情報収集をし、先を読む力を身につける。これからを生き抜く大切な力になりそうです。

24年6月30日 杉本祐子さんお話会 アンケート集計

 

51名回答(HPでの公開はしてほしくない方のご感想・ご意見は載せておりません。) 

年 代

男性

女性

未記入

関心あり

関心なし

大変

よかった

よかった

ふつう

よくなかった

10代

30

40

50

60

13

15

15

* 関心あり・なしは、「放射能・原発について関心がありましたか?」という質問に対する答えです。

  中間に付けておられる方もおられました。数にはいれておりません。

* 60代と記載しているところは、60代以上の方を省略しています。

* 「参加されてどうでしたか?」という質問に対するお答えで、「大変よかった・よかった・ふつう・あまりよくなかった・よくなかった」から選択していただくようにしておりました。「よくなかった」とお答えいただいた方は、「大変よかった」という二つを理由をつけてお答えいただいていました。

 

* 参加されてどうでしたか?という質問に対して記述していただいた方の内容を紹介させていただきます

                   60代以上の方は60代と表記させていただきます。)

(大変よかった)

・ 今、福島で起きていることが分かったから。(10代男性)

・ テレビでは言わないようなことも聞けたのでよかった。(10代男性)

・ いろいろな話が聞けたし、意識が変わったから。(10代男性)

・ 放射能について、詳しく知ることができた。その時の状況などがよく分かったから。(10代女性)

・ 福島の状況についてよく知ることができたから。(10代女性)

・ 被災地ではない人には分からない事をたくさん教えてもらえてよかった。(10代女性)

・ 国や県の情報がすべて正しいわけではないと知ることができた。(30代男性)

・ あらためて放射能の危険を知ることができた。(30代女性)

・ 現地の方でしか分からない事を知ることができ、ためになった。(40代男性)

・ マスコミや政府がいかに情報を出していないかが分かった。(40代男性)

・ 時間がたって、少し福島の現状や放射能のことなど関心が薄れてしまっていた。忘れてはいけない、まだまだ続いているこの現状をパワフルかつ冷静な語りの杉本さんのお話を聞いて、またしっかりと考えていきたい。できることをしていきたいと思った。(40代女性)

・ 一般には知ることのできない事実を聞くことができたから。(40代)

・ 真実に近づけたと思う。(50代男性)

・ 知らない現実を教えていただき(まだまだたくさんあると思いますが)、びっくりした。東電にますます怒りを感じる。(50代)

・ こんな機会を待ち望んでいたから。(60代男性)

・ 被ばくの恐ろしさ(60代男性)

・ 報道と事実が違っていることを知った。(60代男性)

・ 現場での正しい状況が聞けたから。(60代男性)

・ 実際に見たり聞いたり体験したりしたことは迫力がある。政府や政治家に任せていてはいけないことがよく分かった。(60代女性)

・ 放射能の怖さがあらためて分かったけれど、もう少し早く知りたかった。(60代)

・ 報道されなかった知らない現状を知ることができた。(60代)

・ 福島のことがわかったから。(60代)

・ 福島の浪江町に実際に住んでおられる杉本さんのお話を聞けたこと。杉本さんの勇気と胆力に敬意を表します。今後もいろいろ情報を発信してほしい。(60代)

 

(よかった)

・ 聞いていると、政府の対応に疑問を感じた。(10代女性)

・ 街づくりにいかしたい。(60代)

 

(よくなかった)

・ 想像を基にしたお話が多く、頭の中が混乱してしまった。(40代男性)

(大変よかったにも○をつけていただき、福島の現状を知ることができた。とも答えていただきました。)

 

* 何でこのお話会を知りましたか?(複数回答)

  ポスター(0) ちらし(7) インターネット(0)  友人から(30)

  その他

   (先生から 親のメール友達から 会からのお知らせ 隣保館から 娘から)

 

* 今後、どんな内容の講演(お話)があれば、聞きたいですか?(複数回答)

  放射能について(27)  エネルギー問題について(14)

  環境問題について(17) 食育について(7)  教育問題について(9)      福島の現状について(21)農業について(7)  漁業について(6)

  その他(すべて 政治経済)

 

* お話会を聞かれての感想、また、ご意見等 

・ とても勉強になった。福島の現実はテレビでは映していない事が驚いた。

  これからもこのことをいかしたい。(10代男性)

・ 大震災がなければ、放射能の事を知らなかったので、この大震災を通じて放射能の怖さが分かっ た。

                                        (10代男性)

・ とてもいい時間を過ごすことができた。ありがとうございました。(10代男性)

・ 今からでも私にできることはないか。どうしたら少しはよくなるかを考えていきたい。政府はどうしてこんな対応をするのかなと思った。(10代女性)

・ 福島の状況をとても詳しく知ることができ、とても大変な中でお話をしていただいて、とてもありがたいことだなと思った。お話は、とても感動した。(10代女性)

・ 私は今まで福島の現状をニュースで聞いただけでまったく知らなかった。でも、このお話会でたくさんのことを知れて、すごく自分のためになった。(10代女性)

・ 今まで放射能のことなどに興味はなかったけど、今日の話を聞いてもっと知りたいと思うことができた。とてもいい経験になった。(10代女性)

・ 杉本さんの健康が心配だが、この人は命を懸けて毎日を生きているのだと感じた。命からのメッセージをいただいたと感謝している。(30代男性)

・ 真実を聞けてよかった。子どもの安全を祈りたい。(30代女性)

・ 浪江町の現状について知ることができてありがたかった。しかし、事実と想像が入り混じった内容だっただけに今日のお話がゴシップ的に口から口へ広がることが少し不安だ。(40代男性)

・ 生の声、現地の方の本当の声を聞けてうれしかった。情報貧乏にならないように、正しいことを見極められるような人間になれるようにがんばりたい。(40代女性)

・ ニュースで見るだけでは現場の姿が分からないので、とてもよかった。(40代女性)

・ 地元の人でないと分からない話が聞けてよかった。ありがとうございました。(40代)

・ これまで学者や報道関係の方たち、ジャーナリストなどの講演は聞いていたのだが、今回は福島県内の地元の一般の方ということで興味があり、来た。やはり、国や県の被災地情報は偏っており、国にとって良くない情報はもみ消されていることが分かった。「地震・津波・放射能と泥棒」「俺たちはモルモットにされている」「大臣が死の町だといった」など多くの言葉が心に残った。耳なしウサギは、直後の情報として知っていたが、ここでしっかり聞くことができてよかった。福島の人々の声を学校現場でも伝えていきたいとあらためて思った。(40代)

・ 国(原子力村の人々!?)がいかに国民を守ってくれないかがよく分かった。今現在でも原発(放射能)の危険性を話した時、変人扱いされるのが残念。(50代男性)

・ まったく知らなかった現実にただただ驚いている。自分の無知さが恥ずかしく思った。

                                   (50代女性)

・ 知らない事をたくさん知ることができた。ありがとうございました。(50代)

・ お話をお聞きし、残念ながら、汚染のひどい地域には住めないと思った。今後、その地域の方々はどうなっていくのだろうと思う。東電、国の責任は重いと思う。(50代)

・ 「安心安全」の裏話、神話に空恐ろしさを実感。異次元の世界(地域)の現出にこれが同じ「日本」の国のの中に起こったのかと思うとあらためて「日本人」とは?と思う。そして、「お上」の仕打ち(としか思えない)実態、杉本さんの被爆体験には納得と驚き。(60代男性)

・ 原発以後のエネルギー問題について話を聞かせてほしい。(60代男性)

・ 想像を絶する話を聞いたが、自分がその立場だったらどうするだろう?と考えながら、わが身におきかえて、と勉強させられた。(60代男性)

・ 福島からの杉本さんのお話。一般新聞やテレビには報道されない真実が多く聞けた。機会あるたびに学習したいと思う。できるだけ、多くの人に関心をもっていただきたいものだ。(60代女性)

・ うさぎに起こることは人間にも起こると思う。耳なしうさぎだけでなく、同じ場所にいるうさぎは同じではないだろうか?人も同様。自分の命は自分で守ることを伝えていきたい。モルモットになってはいけない。杉本さん自身の食べ物はどうされているのか心配だ。(60代女性)

・ 知らない事が分かり、来てよかった。また、知りたい。(60代女性)

・ 娘に今日聞いたことを話してやりたいと思う。(60代女性)

・ 生々しい実態を聞いて、なおのこと恐ろしさを感じた。周りの人々に知らせていきたいと思う。政官財の国民を見ない現状に憤りを感じる。(60代女性)

・ 最近、よく思うようになったのだが、テレビや新聞で報じられたことは鵜呑みにしてはいけないということ。今日のお話でこの気持ちが強くなった。真実を知るということはとても大切だと思った。

                                        (60代女性)

・ 現在は情報過多だと思っていたが、真実や本当の情報は発信されないのだと思った。(60代女性)

・ 杉本さんの話を聴いて国や企業がいかに無責任かよく分かった。今後、できるだけ多くの人に真実をしらせてほしい。(60代女性)

・ 放射能の怖さが実感となってよく分かった。(60代)

・ 怖い事から逃げている自分がいる。逃げられない人々のことを思うと胸が痛む。どうすればいいか分からないが、今日のこの話をより多くの人に話していきたいと思う。ありがとうございました。

                                       (60代女性)

・ マスコミ情報と実際とは違っているのに関心があった。情報開示の遅れが被害も多くしたように思う。政府の抜本的対策にも問題があると思う。他の原発が同じようなことがあれば日本は壊滅するのではないかと心配だ。(60代)

・ 報道されない真実を聴くことができた。知ることの大切さが身にしみる。だから、権力者は真実を知らさない努力をするのだと思う。権力を持つと自己愛のかたまりになり、権力にしがみつくのだろう。野に居て、権力と闘い続ける。その勇気が持てた。(60代)

・ 学生さんが数人参加されていたので、その方たちの感想を聞きたかった。結局、国や県は被災した国民や住民を真心をもって対処していないということがさらによく分かった。(60代)

 

 

 たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。

今後の会の運営の参考にさせ ていただきます。

様々なご意見があると思いますが、

できるだけ、個人の意見を尊重して掲載しています。

掲載の都合上、表現を多少変更させていただいている所もあります。

 

杉本さん、ありがとうございました。

会場に足を運んでいただいたみなさん、ありがとうございました。

手書きのイラストありがとう。八木メイさんの想いのこもったチラシ作成。いつも感謝です。
手書きのイラストありがとう。八木メイさんの想いのこもったチラシ作成。いつも感謝です。

簡単な収支報告です。

収入 51,000円(寄付)

支出  9,500円(資料代・杉本さんへのプレゼント・会場お礼)

残金 41,500円

   →残金については、杉本さんの旅費にあてていただくようにとお渡ししました。

寄付のご協力、ありがとうございました。

「みかんくん」

 会のお母さんからの提案をいただき、たくさんの「みかんくん」を作成。

 小さな喜びにつながるといいなと願いながら、これまでにたくさんの「みかんくん」を各地に送り出すことができました。ありがとうございました。

 発信するからかえってくるものがある。これからも、ぼちぼち発信していきたいです。

twitter 情報

愛媛_マルワカリWEB

宇和島市HPより

エコなココロ