11月3日に野呂美加さんのお話会を行いました。

会場まで足を運んでいただいた方、ありがとうございました。

また、たくさんの方のご協力により、開催にこぎつけることができました。

心より、感謝申し上げます。また一つ、想いが形になりました。

平成2311月吉日

関係各位様

うわじま こどもと未来を考える会事務局

 

野呂美加さんお話会開催のお礼

紅葉の候、皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。毎年、同じ景色を見てきましたが、今年は何とも言えない気持ちで、この美しい紅葉を眺めております。

さて、113日に愛媛宇和島で野呂美加さんのお話会を無事、開催することができました。会が立ち上がってから初の大きな活動となり、会員も少ない中、たくさんの方々にご協力いただきまして、なんとか当日を迎えることができました。当日は、100名程の方に会場に足を運んでいただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。本来であれば、関係していただいた皆様お一人お一人にお礼申し上げるべきところですが、取り急ぎ、書面にてお礼の気持ちを伝えさせていただくことにいたしました。

野呂さんのお話を直接お聞ききしたいと思い、準備を進めて早6か月が過ぎました。終わってみれば、あっという間でした。いろいろ大変なことはありましたが、徳島、香川、松山、宇和島と四国各地でこうして野呂さんのお話会が開催でき、県を越えたつながりができたことも会にとっては大きな財産となりました。あらためて各地で開催していただいた関係者の皆様にお礼申し上げます。

映像では何度も見ていた野呂さんですが、お会いしてその愛情の深さに感動しました。それと同時に、私たちはなんと大変な世の中を生きていくことになったのかということに愕然としました。今後のことを考えると様々な不安が頭をかすめます。しかし、私たちは一人ではない。そして、私たちには次世代を生きる子どもたちを育てていく責任がある。立ち止まっているわけにはいかないと思いを新たにいたしました。

会場に足を運んでいただいた皆様にとっても、今回のお話会で得たものが、ご自身、そして、周囲の大切な方を守るための一助になればと願っています。アンケートにもたくさんの方が協力していただきました。ありがとうございました。アンケートの中に「難しいです。子どもたちのためにできる事、やらなければならない事・・・難しいです。できる事ややらなければならない事はいっぱいあるような気がする一方で、できる事は何もない様な気がするのも確かです。」(40代女性)という感想を書いていただきました。あまりにも大きな問題に直面して、一個人に何ができるだろうか・・というお気持ちになるのは当然だと思います。でも、では何もなかったことのようにして、今までと同じように暮らせるか・・・。そこにもやはり違和感を覚えます。「子どもたちの明るい未来のために、できることをできる範囲で継続する。」今後の私たちの会の目標です。今回のご縁を大切に、今後もなにかありましたら、どうぞ、よろしくお願いします。

皆様の「今」が、すてきなものでありますように。感謝の気持ちを込めて。

アンケート集計、結果です。お時間のある方は、ご覧になってください。

113日 野呂美加さんお話会 アンケート集計

 

54名回答

(HPでの公開はしてほしくない方のご感想・ご意見は載せておりません。)

 

年  代

男 性

女 性

未記入

関心あり

関心なし

大変よかった

よかった

30

10

3

40

7

9

2

50

5

10

8

4

60代以上

10

17

13

5

* 未記入者ありのため、若干人数が合わないところがあります。

* 関心あり・なしは、「放射能について関心がありましたか?」という質問に対するお答えです。

* 大変よかった・よかったは、「参加されてどうでしたか?」という質問に対するお答えです。

  回答については、「大変よかった・よかった・ふつう・あまりよくなかった・よくなかった」から選択していただくようにしておりました。「大変よかった・よかった」以外の回答はありませんでした。

 

* 参加されてどうでしたか?という質問に対して記述していただいた方の内容を紹介させていただきます

                         (60代以上の方は60代と表記させていただきます。)

(大変よかった)

・ 「放射能の害」についていかに無知であったか・・・痛感しました。ありがとうございました。(60代女性)

・ 放射能の怖さを思っていた以上に知ることができた。(60代女性)

・ 関心を持ってある程度分かっているつもりでしたが、現実が本当の意味で分かっていなかったことを痛感しました。(60代女性)

・ 放射能の怖さを痛感しました。(60代女性)

・ 放射能の話がよくわかりました。こわいですね。話を聞いてよかったです。知らないことが多かったです。(60代)

・ どうしたらよいかを分かりやすく教えられたと思います。現実がよく理解できました。(50代女性)

・ ボンヤリとしか知らなかったことを知ることができた。まだまだ、知りたいなと考えさせられました。 (50代女性)

・ 野呂さんが非常によく、いろいろなことを勉強されているのがよく分かりました。原発が日本にあんなにあるなんて夢にも思わなかった。(50代)

・ 気を付けている→関心を持って行動していく。豊かさが人間、世の中を下降させていっている。(50代)

・ 人々の考え方の変革が少しずつ起きているのでしょうが、それに強い熱を与える人だと思いました。我々の行動を変えていく必要がわかりました。(40代男性)

・ 信念と共に行動される野呂さんのお話には、説得力がありました。(40代男性)

・ 会を作り、短期間でこのような機会を投げられた機動力は素晴らしいと思います。知らない本当の真実が聴けてよかったです。(40代女性)

・ 平和ぼけしていた自分に気付けました。(40代女性)

・ この頃、野菜を買うにも大丈夫かな・・・と思い、応援すべきだよなと東北の野菜にも手を出し始めていました。報道より、ずっとこわいものと知れてよかったです。(40代女性)

・ とても分かりやすかった。(30代女性)

・ 関心が薄らいでいたが、そうでない現実がよく分かった。(30代女性)

・ 放射能問題に対して、どこかで自分とは関係のない話と思ってしまっていたので、今日の話は、改めて考えさせられました。見直していきたいです。(30代女性)

・ メディア等を当てにして、デタラメだけを信じさせられたこと。国に騙されていることを痛感しました。 (30代女性)

(よかった)

・ 政治にあたっては、出馬する方がよい方が居ないのが問題で・・・。その上で私たちがしなければいけないこと、できる事は?(60代女性)

・ 様々なデータがあったから。チェルノブイリなど。(40代男性)

・ 被ばく、内部被ばくについて勉強できた。(30代男性)

・ 自分を含み、日本人の放射能に対する危機感の低さを思い知らされました。(30代)

 

* 何でこのお話会を知りましたか?(複数回答)

  ポスター(2)  ちらし(6)  新聞(1)  テレビ(0)

  インターネット(1)  友人から(45)

  その他(娘、家族、ゆうき生協から)

 

* 今後、どんな内容の講演(お話)があれば、聞きたいですか?(複数回答)

  放射能について(15) エネルギー問題について(12)  環境問題について(21)

  食育について(21)  教育問題について(7)      福島の現状について(11)

  農業について(10)  漁業について(7)

  その他(すべて どれと選べない  漁業関係の放射能について  子育て)

 

* お話会を聞かれての感想、また、ご意見等

 ・ 愛媛に住んでいて、福島の事はどこか遠いところの話で、身近に考えていませんでした。「福島のこども達を助けていきたい」その思いを大切にしていける世の中に変えていく行動の必要性を感じました。 (30代女性)

 ・ 大変、考えさせられた問題です。これから、できることをしていきたいと思います。(30代女性)

 ・ とても分かりやすい言葉でした。(30代女性)

 ・ こども達のこれからの将来が非常に心配です。(30代)

・ 放射能の怖さを改めて感じた。子どもたちをしっかりと守っていきたいと思った。(30代女性)

・ 水道水、魚など飲食していいか。(30代女性)

・ こどもが3人いるので、とても怖いと思いました。まだ、宇和島なので県内産のものを食べるように気を付けていますが、もし、伊方が同じようなことになったらと思うと心配です。東北や関東の子どもたちも、もっと大きな力で助けてあげるべきだと思います。(30代女性)

・ こども達を守るためにしなければならないことがあることを知ることができました。まず、自分にできることから始めていかなければならないと思っています。(40代女性)

・ 私たち一人一人が意識を変えて、みんなが助け合って、こどもを、未来をまもっていかなければならないと思いました。(40代女性)

・ 難しいです。・・・子どもたちのためにできる事、やらなければならない事・・・難しいです。できる事ややらなければならない事はいっぱいあるような気がする一方で、できる事は何もないような気がするのも確かです。(40代女性)

・ 原子炉爆発の様子の事実、8マイクロシーベルトの恐怖が正確に伝わっていない事、茨木が5マイクロシーベルト、2号炉のことなどがよく分かりました。(40代女性)

・ あふれるエネルギーをみんなに分け与えていただき、誠にありがとうございました。原発をなくさなければならないことがはっきりわかりました。(40代男性)

・ 放射線について、もっと勉強してみます。マイクロシーベルト、ミリシーベルト、放射能、放射線、放射性物質など、分かっているようで分かっていない事。しっかり勉強してみます。ヒロシマ・ナガサキのことも。ありがとうございました。(40代男性)

・ 勉強になりました。(50代)

・ 国の話などしんようしてはいけないことなど十分に分かっているはずなのに、有名大学の先生方がずらっと並んで同じことを言うと、ウッカリ信用してしまいそうになる。今回のことで、つくづく、国の政策の在り方があまりに偏っていたということがよく分かりました。お金が人間を動かしていることもよく分かりました。政治家はもっともっと勉強しなければならないと思いました。(50代)

・ これからも他をいためない生き方をしていこうと思います。(50代女性)

・ 子どもを守るために、何ができるのか考えた。報道は真実ではないと思っていたが、再確認した思い。エネルギーは、自然エネルギーを使い、節約すればどうにかなるので、安全な生活をまずつくることが大切だと思う。今日のお話をきっかけに、関心を高く持ってできることに取り組みたい。体内に入った放射能が排出できる事がわかり、少し、安心した。(50代女性)

・ 日本は何よりもお金(経済)を大切にしすぎているといつも思っています。心を大事にしてきた日本だったのに。原発も同じだと思います。政治は、ちっとも国民を大事に考えていない。その結果が、今の日本をつくった。その政治家を選んだのは、私たち国民一人ひとりという自覚を国民がもつこと。賢い国民にならなければ、現状は好転しないですよね。子どもたち、若い人たちに考えさせていかなければ。親がかしこくならないといけないと思いました。周りに今日の話を伝えたいと思います。明日、職場でも話します。特に千葉にいる妹に伝えようと思います。野呂さん、ありがとうございました。(50代女性)

・ ほんとに平和ボケだなと痛感。TVの政府の発表は信じてないけど、それでも、ボーっとしている感じがする。(50代女性)

・ チェルノブイリのお話だけでなく、福島のこともお話しいただいてよかった。(60代男性)

 ・ 未来のある子どもたちを守るために、原発はいらないと思った。(60代女性)

 ・ 放射能は怖い!!(60代女性)

 ・ 私は今、原発の問題で署名を集めています。少しの力ですが、頑張ります。(60代女性)

 ・ こども達、住民、国民が安心できる国にしなければならないと心から思います。本当のことを知らされていない事、意図的に知らせないようにしている国に怒りを覚えます。企業の利益優先の日本の現状はおかしい。農家や漁家の人たちとも手を結んだ活動を強めなければならないのではないでしょうか。(60代女性)

 ・ 伊方原発を止める署名はしているけれど、もっと積極的運動を進めたいと思います。(60代)

 ・ 原発の再稼働は、全く許せません。(60代)

 ・ 政治を変えないといけないということがよくわかった。(60代)

 ・ 大変良かったです。(60代)

 ・ 出席者の方々が年配の方が多かったが、これから子どもを育てる若いお母さんに話を聞いてほしか

  った。(60代女性)

 

 たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。

今後の会の運営の参考にさせ ていただきます。

様々なご意見があると思いますが、

記入いただいた個人個人の感想として掲載させていただきます。

イラストレーター八木メイさん、作成に協力。               ありがとうございました。
イラストレーター八木メイさん、作成に協力。               ありがとうございました。

収支報告です。

簡単に収支報告をさせていただきます。

チケット売上 129,000円

支    出  81,070円

差し引き残高  47,930円  これは、チェルノブイリへのかけはし様へ寄付させていただきました。

                 チケットを購入していただいた皆様、どうもありがとうございました。

                 福島の子どもたちのために、有効に使っていただけると思います。

「みかんくん」

 会のお母さんからの提案をいただき、たくさんの「みかんくん」を作成。

 小さな喜びにつながるといいなと願いながら、これまでにたくさんの「みかんくん」を各地に送り出すことができました。ありがとうございました。

 発信するからかえってくるものがある。これからも、ぼちぼち発信していきたいです。

twitter 情報

愛媛_マルワカリWEB

宇和島市HPより

エコなココロ